cocochi×YOUR LIFE シーン11

cocochiが提案するのは、“ほっ”とする居心地の良い空間。
そんなステキな「cocochi」×「YOUR LIFE」を彩るモノを、
cocochiのバイヤーがセレクトしてみました!

ナシャコーヒーとは

タイ北部の原生林に住む少数民族の嗜好品として
楽しまれていた希少な原生種『ティピカ種』。
上品な酸味とやわらかな香味が特徴の
『カティモール種』。
それらをブレンドし、丁寧にローストしました。

希少な原生種の珈琲

タイ北部、標高1200メートルの原生林には、珈琲の原生種が自生しています。
その地に住む少数民族の嗜好品として楽しまれていたその珈琲は、アラビカ種の中の『ティピカ種』でした。
原生種であるため、病気や害虫に弱く、 栽培には手間がかかります。
収穫量もわずかで、国外に出ることは限られていました。

絶妙なブレンドと丁寧なロースト

爽やかでフローラルな香り、上品な酸味とやわらかな香味が特徴で、『カティモール種』と絶妙にブレンドし、丁寧にローストしたのがナシャ珈琲です。

強い香りの中に感じる、爽やかで飲みやすい後味。

深煎りしなくても、十分に感じられる強い香りに、 飲み終えた後は、喉の奥から香りが蘇ってきます。
酸味と苦味が上手く調和した、しっかりとした味わいは、爽やかな後味で飲みやすい仕上がりです。

ナシャコーヒーは、自然のあるがままを守る形で生産。
収穫は全て手作業。
珈琲の実は1本の木を4回に分けて、時期を見て収穫されます。
広大な原生林の中、熟練した人々によって行われます。

ナシャコーヒーにはオリジナルとクラシックの2種類があります。
オリジナルのローストは、ミディアムで珈琲の風味をよりストレートに
味わえるように、クラシックはディープローストに焙煎。
この工程には、カッピングの珈琲専門資格を持つ工場長が室内外の気温、湿度に配慮して焙煎しています。
芳醇な香りとお口の中でまろやかに広がる味わいは、後味もすっきりとしています。

種から苗を育て、山に植える作業を繰り返し、手作業で収穫される貴重な珈琲豆は、スローライフだからこそ出来るスローな飲料。
コーヒー豆一粒ひとつぶに人の手間がかかり、人の心が通った優しさを感じることができます。

原産種の良さを最大限に活かした生産方法のため、
生産量は極めて少なく、タイ国内でも高級品として扱われています。
その美味しさは、世界でも認められています。
2007年には、アメリカスペシャルティコーヒー協会SCAAの評価により、
NACHA COFFEE は世界の珈琲の中で高評価を受けました。

【1】何より肝心な温度

ナシャコーヒーにとって最適な温度は87℃。
使用する水は軟水、あるいは中硬水。
水道水なら一度沸かしてから一晩冷ましたものを使う…。
こういうちょっとした工夫がよりコーヒーを美味しくさせます。

【2】ペーパーを2枚使う

少し温めた器具にペーパーをセットします。
美味しいコーヒーの味を引き出すためには、豆とお湯が混ざって踊っていることが重要。
お湯の中での滞留時間を少しでも長くするために使用するペーパーを2枚使ってみるのも良いアイデア。

【3】丁寧にお湯を注ぐ

ペーパーセットしたドリッパーに粉を入れます。その時に粉の表面が平らになるように。
そして、いよいよ蒸らし。ドリップポットから静かに円を描くようにして少量のお湯を注ぎます。
そこで粉に湿度が行き渡り蒸されるのを20秒ほど待ちます。

【4】いよいよ第1投

ドリップポットから静かに、しっかりとお湯を注ぎます。
その時に肝心なことはお湯の量を一定にして、たっぷりとしっかりと注ぐこと。
一定のお湯の量を、ゆっくり、しっかりと注ぐことによって、全ての粉が均一に混ざり合い、抽出されていきます。

【5】第2投、第3投そして

第1投後、ドリッパーのふちにはコーヒーの粉がついています。
第2投目はまわし注ぎながら、それらの粉を流し落とします。 一定量のお湯を、ゆっくり、たっぷりと。
せっかくの美味しいコーヒーですので、2投だけで終わらず、3投目をしてみるのも良いでしょう。

【6】いよいよ本日のコーヒー

コーヒーは日々淹れ方によって味が微妙に違います。時に淹れる人の心を映すとも言われます。
それも自宅で楽しむコーヒーの味わいのひとつ。
ナシャコーヒーは、とても繊細な味わいが楽しめるコーヒーで、苦みが去ったあとの香りと甘みが特徴。
ドリッパーからカップに注ぐ時は、ほんの少し高めから、ゆっくりと空気とコーヒーが混ざるように。
カップには細かな泡が立ちます。この泡に苦みが包まれて去っていきます。
これで本来のナシャコーヒーの味に。
カップに移された後、少し待ちます。空気と触れたコーヒーは最高の味を引き出すための準備の時間です。ドリッパーに落としてから、カップに注ぐまで、トータルで5分ほど、準備完了です。
あなたが淹れた、あなただけのナシャコーヒーの味わいをどうぞお召し上がりください。